FLUTD(猫下部尿路疾患)

野良成猫を保護して1年経たないうちにおしっこからキラキラしたものが見つかり、病院にかかってストラバイト結石と言われました。
幸い雌猫だったので手術はせずに点滴と療法食で治療することになりました。
おしっこシートにキラキラしたものを見つけたのとやたら鳴くようになったので病気に気づけましたが、キラキラしていなくても膀胱炎や石のもとができていることなどもあるみたいで2度ほど再発を繰り返しています。
ずっと療法食のみにすれば再発することもありませんが、療法食の原材料が気になるのではじめの治療の際以外は使っていません。
今はサプリメントで防いでいますが、石のできやすい体質のようで歯磨き粉やドライフードを変えただけで再発することもあります。
一番困ったのは、不快感からか布の上に粗相をすることでした。とはいえ粗相をする=不快感があるということなので、病気には気づきやすくなりました。