緑内障の猫ちゃん

私は猫を2匹飼っている。
高齢の双子の女の子。もう12歳くらいのおばあちゃん。
12歳ともなると、病気もこれまでいくつかかかってきた。
なかでも一番大きい病気が緑内障。
1匹の猫ちゃんは徐々に片目が白くなり、近くの病院に行っても目薬を指されるだけ。
ついには目から水分?が出だして、遠くの大きい動物病院へ。
緑内障とのこと。
もっと早く連れてきてあげればよかった。
もう片目は完全に見えてないとのこと。
手術して目を取ると、痛みは消えるとのこと。
悩んだけどずっと痛い方が本人にとって苦痛だろうと思い、片目を取る選択。
痛々しいながらも、徐々に元気になってご飯もたくさん食べれるように。
それから1年後。
今度はもう片方の目も白くなり、病院へ。
こちらも取った方がいいとのこと。
両目をとるなんて可哀想だし、目が見えなくて生活出来るのかという不安。
私がもっとしっかりしてれば、という自己嫌悪。
しかし、病院の先生が、目を取っても生活に支障はありません。
と言ってくれたおかげで、目を取る決断。
命があってくれれば、それだけでいい。
手術後、少し体調面で危なかったけど順調に回復。
たまにぶつかりそうになったりしてるけど、ちゃんと壁とか物とか避けて過ごしてる猫ちゃん。
これからは、後になって後悔するのではなく、早め早めに猫ちゃんの健康状態を把握して少しでも長生きして貰えるようにするのが私の役目。

猫の結膜炎について

引っ越しを終えて数日後に飼ってる猫の片目が白くなりました。
発見時私はお風呂に入っていて、猫も湯気で見え辛いのかとばかり思ってましたがそうではなく、上がったあと良く確かめると左目が曇っているとゆうか濁ってるとゆうか、間違いなく普通ではない状態でした。
急いで病院に連れていくと、猫の結膜炎と診断されました。原因は恐らく引っ越しによるストレスではないかとの事でした。
先生は塗り薬を処方してくれました。自分の指にとって猫の目に付け、瞼を軽く抑えて馴染ませるやり方でした。
案の定、猫はすごく嫌がり逃げ回って大変でした。何度か使用するうちに慣れてきましたが、その頃には猫の目もだんだんと戻ってきました。
目だけが調子が悪かっただけで体調はいたって問題なかったので、結膜炎の期間も元気に走ったり普通に生活してました。
割と早くに治った方らしいですが、ストレスで目が曇ってしまうなんて可哀想なんで今後は気をつけようと思いました。

初期の慢性腎不全と診断されて

今年10歳のオス猫が去年の健康診断で初期の慢性腎不全と診断されました。クレアチンの数値は2.4と言われ、顔が真っ青に。実家の猫を慢性腎不全で亡くしているので、一度悪くした腎臓が元に戻らないことはわかっていました。先生は「まだ初期なので、食事療養で様子を見ましょう」と言ってくれましたが、毎日不安でたまりませんでした。うちの子はどうやら水を飲む量が少なく、人間のコップで手からあげないと飲まない癖があるようだったので、私は仕事をやめ、毎日6回は水をあげるようにしました。あとは日清のキドニーキープという療養食に切り替えて、半年後に再び血液検査を受けました。すると、クレアチンの数値が1.4と正常値に!失われた腎機能は戻らないけど、頑張って水を飲ませ、療養食をあげることで、今残っている腎機能を大切にして、進行を遅らせることができると学びました。これからもストレスない環境作りに努め、長く元気でいてほしいです。

異物を飲み込み緊急手術に……

実家で買っている猫ですが、好奇心旺盛でプラスチックの味や食感が大好きなのです。いくら部屋を掃除してもどこからかプラスチック製品を取って食べ、ゲえげえと苦しそうに嘔吐していることもしばしば。遂に一ヶ月前程にスポンジを飲み込み、腸でつまりイレウスを起こし、開腹手術となりました。私は医療職で手術をした患者のことも見てきたので、全身麻酔で手術をしている猫の心配は気が気ではありませんでした。が、それと同時に手術費、入院費の心配も……。丁度ペット保険に入ろうと話していた矢先の出来事だったので、手術費、入院費などもろもろを自己負担となりました。こんなことなら小さい時から保険に入っておけばよかったと思うこの頃です。ペット保険も色々あるので、テレビCMとかやればもっと危機感でるのかなぁとか思ってみたり。ペットも家族の時代ですし、ちゃんと保険まで考えないとダメなんですね。

おしっこがでない!

我が家のロシアンブルーが尿路結石症を発症したのは、2歳の頃でした。
ある日一生懸命トイレに入っているなと思ったのですが、トイレを見てもおしっこもうんちもやった様子がなく、おかしいなと思っていました。お昼頃から夕方まで合計10回以上はトイレにいっている様子でしたが、まったくトイレが汚れておらず、これはおかしい!と急いで動物病院へ連れて行くと尿路結石といわれました。
獣医の先生が導尿すると驚くくらいの尿がでてきたので、もっと早く気が付いて病院へ連れて行けばよかったと反省しました。
それからフードも専用のフードしか与えず気を付けています。おかげで今は病院へ行く回数も減り、かなり調子良さそうです。
大人しくて、ひと懐っこい可愛い私の猫です。長生きしてほしいので、これからも気を付けてみてあげたいです。

耳の中が真っ黒で嫌な臭いがしました。

以前、今CMで流行のスコティッシュホールドのオスを飼っていました。とても愛嬌のある子で大好きでした。
耳が垂れている子ではなく、上がっている子だったので、小さい頃から耳掃除をまめにしていたのですが、少し歳を取り始めた頃に耳の中が真っ黒で嫌な臭いがしました。
せまいところやベットの下など色々なところに入ってしまうくせがあったので心配はしていたのですが、すぐ動物病院へ行き診てもらいました。
先生は汚れているね、掃除をして薬をしばらく塗りましょうと言っていましたが、外耳炎だったと思います。
1週間ほど薬を続けて治りましたが、薬を塗るのを嫌がって大変でした。シャーと怒られましたし、猫パンチもされました。
それからは、なかなか難しかったですが、耳の中をまめに見て掃除をしたり、せまいところは行かせないようにしました。
いつも思うのが猫に限らず、病気になったらそのまま様子を見ないで病院へすぐ行ったほうが良いと思います。人間と同様早期発見だと病気が治りやすいです。

老猫の排便コントロール

16歳の雄猫はここ1年便秘に悩まされております。
2年程前に体調不良で獣医にかかった際に歯肉炎も指摘され1本抜歯したのがきっかけでした。十分な咀嚼ができない為に丸呑み状態、更に食欲旺盛で食べる量も多くいつも餌をねだります。しかし食べる割に排泄のコントロールができない為獣医通いで浣腸を施してます。今現在獣医の勧めで実行しているのはドライフード厳禁、緩下剤と便のすべりをよくする為餌にオリーブオイルを混ぜたり、ヨーグルトを与えてます。オリーブオイルの効果か以前は石ころの様な乾燥した便でしたが、気持ち柔らかい便がオイルの働きで腸内の滑りをサポートしている様です。脱水が更に便秘を促進するので経口もしくは点滴による水分補給は欠かせません。

25年間生きた飼い猫

25年行きました。家の前のマンションの下に産まれたばかりぐらいの猫が右往左往していて。。家で買うことになり…。最初ノミにやられ大変でした。あとは鼻がワルくてくしゃみばかり。くしゃみをすると鼻の中から鼻汁と汚れ物が飛んできます。なので家の白い壁紙に汚れがついたり…ちょっと汚くて大変でした。
ちょうど引っ越しが決まっており準備の最中、不動産屋の担当のおじさんが家に来ました。
その方は猫や犬が大好きな方で。。。拾った経緯や病気があることを母がお話していました。そしたら猫のどんな病気にも一発で効く特効薬があるから持ってきてあげると。
次の日おじさんは薬を持参してくれました。
クロマイという薬でした。
すぐ飲ませてみました。そしたらホントに鼻の症状やノミな除去…全ておさまりました。鼻の症状がぴたりとなくなり。本当に驚きました。
それから25年間、病気もほとんどすることなく
老衰で亡くなりました。
クロマイ
最強の特効薬でした?

ネコの風邪の症状

初めて飼っていたネコが、鼻をピーピー鳴らしながらくしゃみが止まらなくなり、まさかと思いながらも動物病院に電話して症状を話すとやはり風邪だと言うことで病院に連れていくことになりました。熱は若干高めで鼻炎とのことで、毛布等で温かくするように言われて、薬をもらって帰りました。数日後、薬が効いてくしゃみに続いて鼻水もピタリと止まりました。それまでくしゃみと一緒に鼻水を飛ばしたり、寝ながら鼻ちょうちんを作ってはパチッと弾ける様子がマンガみたいと思いながら、ティッシュでネコの鼻を拭いてあげていました。ネコも風邪を引くことがわかり、症状も対処法も同じだったのですが、動物の風邪は人間には移らないこともわかりホッとしました。

食事を変えただけで劇的な変化が!

我が家には16歳の老猫がいます。歯はほとんどありません。それでもいわゆるカリカリごはんをずっと食べてきました。ここ数年はカリカリを食べるものの、ほとんど噛まずに丸呑みをしていて、よく毛玉と共に粒のままのカリカリを吐いていました。
最近は毛並みが荒れて、痩せ始めたのでついに缶詰めのエサをあげるようにしました。
それまでは尿が濃く臭いも大変強烈なアンモニア臭でした。
ところがエサを変えたとたん、尿の色がほぼ透明に変わったのです。エサを変えてから水を飲む回数が増えたようには思えません。むしろ減ったように感じるほどです。
しかし、これだけ劇的な変化があると食事を変えたことが影響しているのは間違いないと思われます。毛並みも少しずつ良くなってきたように思います。
どうか少しでも健康で長生きしてもらえるように食事にもっと気をつけていけたらと思います。