尿結石になりやすい猫はフード選びが大切です

猫が頻繁にトイレの砂を掘っているので、注意して見てみると尿の出が悪くなっていました。そのうち、「ニャッ」と痛がるように鳴いたので急いで病院へ連れて行きました。診断は尿結石で、尿が出にくくなっているとのことでした。猫は尿結石になりやすい子が多いとはじめて知りました。尿が出なくなると結構早く命に関わってくるので、早期の発見が必要なのだそうです。その後、手術をして結石を取り除き、いつもの元気な様子に戻ることができました。病院で尿結石予防のフードだけ食べさせるようにとすすめられ、今はそのフードだけを食べさせています。猫も同じ味を食べ続けるのは飽きてしまうようなので、同じフードで味を2種類常備し交互に食べさせています。1年に1回、結石ができていないか検査をしています。手術をしてから一度も結石の再発はありません。フード選びの重要さを実感しています。