緑内障の猫ちゃん

私は猫を2匹飼っている。
高齢の双子の女の子。もう12歳くらいのおばあちゃん。
12歳ともなると、病気もこれまでいくつかかかってきた。
なかでも一番大きい病気が緑内障。
1匹の猫ちゃんは徐々に片目が白くなり、近くの病院に行っても目薬を指されるだけ。
ついには目から水分?が出だして、遠くの大きい動物病院へ。
緑内障とのこと。
もっと早く連れてきてあげればよかった。
もう片目は完全に見えてないとのこと。
手術して目を取ると、痛みは消えるとのこと。
悩んだけどずっと痛い方が本人にとって苦痛だろうと思い、片目を取る選択。
痛々しいながらも、徐々に元気になってご飯もたくさん食べれるように。
それから1年後。
今度はもう片方の目も白くなり、病院へ。
こちらも取った方がいいとのこと。
両目をとるなんて可哀想だし、目が見えなくて生活出来るのかという不安。
私がもっとしっかりしてれば、という自己嫌悪。
しかし、病院の先生が、目を取っても生活に支障はありません。
と言ってくれたおかげで、目を取る決断。
命があってくれれば、それだけでいい。
手術後、少し体調面で危なかったけど順調に回復。
たまにぶつかりそうになったりしてるけど、ちゃんと壁とか物とか避けて過ごしてる猫ちゃん。
これからは、後になって後悔するのではなく、早め早めに猫ちゃんの健康状態を把握して少しでも長生きして貰えるようにするのが私の役目。