愛猫メリルについて。

一歳の時に虚勢手術しました。
でも毎年春になると発情します。
原因は分かりません。
周りからの意見だと虚勢手術した時に全部取りきれてないのかもしれないよと言われました。
一度病院で聞いてみた方が良いでしょうか?
近所迷惑じゃないかなってくらい泣きわめきます。
近寄ると大きな声出して暴れだします。
虚勢手術した猫でも普通になるんでしょうか?
それなら安心しますがそうでなければおかしいですよね?
昨年の時は噛まれて血だらけになりました。
普段は物凄く大人しい猫です。
因みに今は6歳です。
キジトラと言う種類です。
友達家で生まれたのを2ヶ月時にもらいました。
いまは体重2、2キログラムです。
発情以外は問題ありません。
どうしてなのか知りたいです。

急に元気がなくなったクロちゃんの話

赤ちゃん猫の頃から飼っていた、オスの黒猫のクロちゃん。人間でいう50歳頃のことです。
まず、異変がみられたのは、ご飯を一切食べていないということでした。おかしいなと思いましたが、風邪でも引いたかなぐらいにしか思いませんでした。
二日目もちょっと水を飲んだかな?くらいで三日目ぐらいになるとうずくまって動かなくなりました。抱っこしようとすると苦しがってなきます。
これはおかしいと思い、かかりつけの動物病院に連れていきました。
獣医さんはすぐにそれが尿結石だときづきました。要するに、尿管に石が詰まり尿が出なくなり苦しかったようです。痛みもあったと思います。
あと少し連れていくのが遅かったらどうなっていたことか。
一日入院して事なきを得ました。

スコティッシュフォールド

ペットショップで血統書付きのスコティッシュフォールドを七万円で購入しました。やはり七万円の猫とゆうこともあり、尻尾や足にも病気があり更には、てんかんもあります。急に失神して気を失ったり、失禁もあります。楽しそうに走り回って遊んでるかと思うと急に机から落ち気を失います。また、その際に失禁したりもします。またスコティッシュフォールドの耳折れタイプによくある足の病気もあり、庇うような歩き方をします。大きくなるにつれ酷くなると獣医からは言われました。また、腸もあまり強くなく、よく下痢をします。もちろん今でも全部の病気があり、治りません。てんかんはいつでるかわからないし、正直怖いですが最近は少しマシになってきました。

何回もトイレ入るいつもと違う行動

我が家では3匹猫を飼っているのですが、そのうち一匹がストルバイト尿石症になりました。
オスで最初の症状はトイレに行ってはしばらく籠って尿を出そうとしてるようなんですが、ほんとに少量しか出なくて全く出ないときもありトイレに頻繁に入っていました。
少量出た尿を見てみると砂に混じってキラキラしていたので、これはおかしいと直ぐに病院に行きました。
トイレを失敗したことなんてない子が、キャリーの中で少し漏らしてしまってました。
でも、お医者さんはちょうどいいとその尿を取って検査してくれてすぐにストルバイト尿石症と診断されました。
実際顕微鏡で私も見たのですが尿の中にキラキラと光る宝石のような塊があり、こんなものが愛猫の尿に含まれてるなんて排泄するとき痛かっただろうと悲しくなりました。
治療法は尿道の炎症を抑える薬と、療法食を2ヶ月ほど食べさせることになりました。
ストルバイト尿石症は薬で治すことは出来ないので、フードで改善するしかないとのことで完全に治るまで1ヶ月以上かかりました。

飼い猫の腹膜炎

今から5年前に飼い猫2匹が腹膜炎で亡くなりました。
1匹目は、発見が遅く正式に腹膜炎って診断されたのはその猫がなくなってからです。
今まで通っていた病院では貧血という診断結果だったんですがあまりにも体調がすぐれないためほかの病院に連れて行った時に言われました。
その後二匹目のネコが腹膜炎にかかりました。
初期段階で分かりましたが、猫の腹膜炎には治療法がなく延命治療しかありません。
なので延命治療をしていました。
二匹目のネコは、1匹目より体力がある分苦しみながら亡くなりました。
ほかにも猫がいたため、ほかのネコには腹膜炎の検査をして無事疑いがありましたが腹膜炎ではないと言われました。
本当に良かったと思います。

だから君もダイエット

我が家には茶トラ白のオス猫が居ます。
去勢をした頃から太り始めて最終的に9キロ超のデブ猫になってしまいました。
プクプクした姿が可愛いくてたまりませんでした。
そんな愛猫が尿道閉塞になってしまいました。
何度もトイレに行くのに尿が出ない状態でした。
ご飯も食べず水も飲まない。
吐いてばかりでグッタリしていた状態でした。
慌てて病院に連れて行って検査をしてもらいました。
結石で尿道が塞がってるとの事で緊急入院しました。
オス猫に多い病気なのは知っていましたが、ストレスや太り気味の猫も罹りやすい病気なんだと初めて知りました。
再発防止の為に食事療法でダイエットをすることになりました。
毎月病院に通い体重測定と食事の量を先生と相談して決めています。
体重は9キロから5キロまでダイエット出来ました。
そのお陰か、あれから一年半経ちましたが再発もせず元気にしています。
身体が軽くなったので高いとこにも自力で上れるようになり、毎日走り回っています。
健康でいてくれる事がとても嬉しい毎日です。