ノラ仔猫のお腹に。自己紹介を兼ねて。。。

あれは2年前のこと。
わが家の庭で、野良猫が3匹の仔猫を産みました。
もともと猫を飼う予定はなかったものの、3匹の仔猫たちの成長が気になって、見守る日々でした。

半年ほどたち、2匹はぶじに親離れしました。しかし、残りの1匹はまったく親離れする様子がなく、ずっとママ猫のおっぱいを吸っていました。

「この猫は、野良猫の世界で生きていけないのでは…」と心配になり、保護を決意。
家のドアを開けてエサを置いたところ、あっさり捕獲に成功しました。

猫エイズや猫インフルエンザの存在は知っていたので、動物病院へ連れていきました。すると獣医さんが「寄生虫がいるかもしれないので検査しましょう」とのこと。

獣医さんが慣れた手つきでネコのおしりに綿棒のようなものをつっこみ、顕微鏡で覗き、そして笑いながら言いました。

「おぉ!ものすごくたくさんいる!寄生虫!いるいる!すごい!!」
獣医さんの話によると、寄生虫がいる原因は、おそらく母猫がカエルを食べていたからだそうです。カ…カエルですか…!!

虫下しの注射をしたら、ウンとともに寄生虫が出てきました。
2年経った今、このときの仔猫はすっかりわが家になじんで元気に暮らしています。
その時の1匹が我が家のみゅーちゃんです。^^;

ただ、カエルを見るたび、どうしても仔猫のお腹のなかにいた寄生虫のことを思い出して、微妙な気持ちになってしまいます(笑)

さて、みゅーちゃんと暮らして2年、病気もいっぱいして、心配することが多かったけれど(お金もずいぶんかかりました)おかげで猫の病気のこと詳しくなりました。

このサイトでは、そんな経験談と友人達の経験談などをまとめています。
皆さんのお役に少しでも立てればうれしいです。(*^^*)